img_02

背中ニキビ治療とニキビ用塗り薬の塗布

背中ニキビ治療のために、顔に使用する医薬品を使用するのはどうなのでしょうか。

なんとなく背中ニキビ治療には、あまり大きな変化が見えにくいと感じるのは、パーツ的な皮膚の違いがあるためです。



背中ニキビに全く効果なしではないのですが、そもそもは顔用は、顔の肌に適した成分の配合などで作られています。

背中の皮膚は、顔よりもずっと皮膚に厚みがあります。

その分厚いがゆえに背中の皮膚では、顔用のにきび薬だと変化が乏しく感じるわけです。

背中にもニキビに顔用のニキビ薬を塗布してるのに、何か変化がイマイチというのは、こうした皮膚に違いがあったためです。



背中専用の、ニキビの医薬品を利用するのが皮膚にも向いています。でも背中は手が届きにくいですから、一緒に住んでいる家族に塗ってもらうといいです。背中専用のニキビ薬で効果がイマイチなら、それはぬり方が足りないからです。

手の届かないパーツなので、自分だと上手に塗りきれないので、効果もわかりにくいのです。


自分で塗って塗り残しがあるなら、それは他人に塗布してもらうのがいい方法というわけです。

自分で背中を確認できるといいですが、鏡にうつしたりしても塗布は大変なものです。



ニキビ薬が優秀であっても、ぬり方が不十分だと効果も生かしきれないままです。


ですから、ここは家族に頼んで、まんべんなく皮膚へと塗ってもらうのがいい方法というわけです。

あまり綺麗な状態では背中は、家族に見せるのも恥ずかしいですが、そうも言っていられません。
恥ずかしいが先に立つと、ニキビの治療はますます遅れるだけだからです。

塗る薬は人に頼んで塗布してもらい、さっさとニキビは治しましょう。